北海道在住、お医者さん学部2年生。ツラくても、悲しくても。毎日笑顔で精一杯楽しんで生きていきたいです☆


by i_am_pyonkichi
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

慶応。

今、慶応の過去問初めて見ました。
正直、いろいろビックリ。
いやぁ~、慶応はやっぱ慶応ですね。なめちゃかんですね。

98年度の問題見たんですが、結構難そう。
医学部とか受かる気しません。
小論とか、凄すぎて、言葉も出なかった。すげぇ。テーマしか書いてない。
やっぱ、全国の猛者が集まるだけありますね。

理工学部も、正直、解けなさそうな問題が多い。特に北大の勉強しかしてないので、二次力ナッスィンのぴょん吉には、泣きそうな問題がゾロゾロ。。。

慶応受かって、その流れで北大受けるつもりだったけど、気合入れないと簡単にこけそう。
ちょっと、身を引き締めて、勉学に励みたいと思います。

ってかね、環境情報学部の小論の問題見てビックリ。
最初のページ、僕には意味わかりませんでした。。。パウル・クレーって知ってます??
実際問題見た方が早いので↓↓を参照

慶応98年度入試問題(河合塾)


環境情報の小論の問題見てください。

なんて言うか。。。天才すぎて分からん。。。3回くらい彼の言葉を読み返したんですけど、??って感じで。。。芸術家は考える次元が僕らと違うんだなぁって思いました。
結構、ぴょん吉も絵が好きで(むちゃくちゃ下手っぴですが…)高校時代美選だったんですけど、芸術は奥が深いです。深すぎます。
一本一本の線にも意味があって、ちょっとした書き方で意味が変わるらしいです。
そんなこと、考えたこともないです。

高校の美術の時間、「あなたが考えた未来の発明品を説明とともに描け」的な授業でスーシンチュウ描いたくらいアホでしたから。。。本当はその実際描いた絵アップしようかと思ったんですが、自分でもあまりにアホだと思ったのか、捨ててしまったようです。

うん。
芸術は奥が深い。
[PR]
by i_am_pyonkichi | 2005-11-13 21:08 | 日常のお話