北海道在住、お医者さん学部2年生。ツラくても、悲しくても。毎日笑顔で精一杯楽しんで生きていきたいです☆


by i_am_pyonkichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

2008年 01月 24日 ( 1 )

日記で勉強。

ごめん、意味は無い。
バイトをドタキャンされて腹立って勉強する気がなくなった。
だけど勉強しなきゃマズイから、なんとなく、日記で去年の組織のテスト解いてみた。

※注:組織の資料全部学校なんで合ってるか知らないです。
   間違ってたり、答えが分かってたら教えてください。


次の細胞(構造物)について、存在部位、形態学的特徴(できる限り図示すること)、およ
び働き(性格、由来)を述べよ。

1. セルトリ細胞

・存在部位:精巣の曲精細管
・形態学的特徴:核は大型でいびつ。明るく目立つ核小体。セルトリ細胞同士でtight junctionを形成。
・働き:支持細胞。分泌・収縮能を持ち、生殖細胞の保護・栄養を担当。

2. Ⅱ型肺胞上皮細胞(大型肺胞上皮細胞)

・存在部位:肺の肺胞中隔
・形態学的特徴:大型。(ぐらいしか覚えてない…)
・働き:界面活性剤(複合リン脂質)を出す。

3. 弾性型動脈

・存在部位:心臓近傍の大動脈。
・形態学的特徴:内膜、中膜、外膜からなる。内膜が厚く、中膜中の弾性膜が多いのが特徴。
・働き:心臓から押し出された血液の二次的なポンプ役になっている。(確か)

4. 網状赤血球

・存在部位:全身。(全赤血球中の1%)
・形態学的特徴:脱核されたばかりの未熟な赤血球。サイズが成熟した赤血球より少し細胞質が少しある。
・働き:成熟した赤血球の前躯体。貧血などを起こし、骨髄で赤血球が大量に作られると増える。

5. 腺房中心細胞

・存在部位:膵臓の膵外分泌部の終末部。
・形態学的特徴:小型の明るい細胞
・働き:知らんわwwとりあえず、腺房細胞に取り囲まれた介在部の細胞が腺房中心細胞だったはず。

6. パイエル板

・存在部位:小腸(だっけ??)
・形態学的特徴:大型の集合リンパ小節。確か20個ぐらい存在。粘膜に存在するんだっけ??
・働き:小腸に存在する細菌からの保護っつうか免疫。

7. メザンギウム細胞

・存在部位:腎臓の糸球体。(だっけ??)
・形態学的特徴:忘れた…なんか支持細胞っぽかった気がする…
・働き:忘れた…

8. 胚中心

・存在部位:リンパ節
・形態学的特徴:リンパ球の数が少ない。
・働き:なんかあるんですか??


9. 傍濾胞細胞

・存在部位:甲状腺(だっけ??)
・形態学的特徴:大型明調細胞
・働き:カルシトニンを分泌。

10. メルケル細胞

覚えなしww

11. 象牙芽細胞

・存在部位:象牙前室。
・形態学的特徴:なんか、めっちゃ長い突起出してた。象牙室を貫いてトーマスなんちゃらを作る。
・働き:象牙芽って言ってるんだから、象牙室でも作ってるのか??ごめん覚えてない。


12. 筋上皮細胞(篭細胞)

あった!!なんか籠細胞聞いたことある!!

13. 高内皮(毛細血管後)小静脈

・存在部位:リンパ節の傍皮質とか。
・形態学的特徴:内皮細胞が厚い(そのまんまww)
・働き:Tリンパの侵入口かなんか。

14. マイスネル小体

あれ??いっつも分かんなくなるんだけど、マイスネル神経叢と一緒なんだっけ??
・存在部位:消化管の粘膜下組織
・形態学的特徴:神経の束
・働き:神経の束を通すww


15. マイボーム腺

マ行は苦手だ…



なんか、意外とできたww
6割くらい解答できたんじゃないか。
この1週間組織しかやらなかっただけあるかもしれん。

しかし、ツライ…

早くテスト終われー。
[PR]
by i_am_pyonkichi | 2008-01-24 23:59 | 勉強のお話