北海道在住、お医者さん学部2年生。ツラくても、悲しくても。毎日笑顔で精一杯楽しんで生きていきたいです☆


by i_am_pyonkichi
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
e0063981_2314462.jpg

e0063981_23144100.jpg

e0063981_2314549.jpg

なんちゃって北海道一周旅行十一日目。

今日は朝の3時過ぎに旭川到着。
そのまま、自転車を組み立てて、近くのネカフェへ。
とりあえず、身体が疲れきってるので、仮眠を取り、日が昇るのを待つことに。

ホントは8時出発やったんやけど、あまりにみんな疲れてて…
結局6時間パックぎりぎりまでおって、もうだらだら。
さらに一日雨の予報。

完全に糸が切れちゃって…

この旅初めての予定変更。
当麻(とうま)鍾乳洞を諦めました。
代わりに、旭山動物園に。
大雨の中、何が楽しいのか、何がしたいのか分からない状況になりながらひたすら旭山動物園を目指すアホ3人組。

さらに追い討ちをかけるように、動物園着いたら雨が止むっていう(´・ω・`)
なんでやねん。
俺らが移動してる時だけ雨。

ひどい…

まぁ、でも止んでくれたからのんびり旭山動物園見学できたし、よしとします。

「北海道=スケールがでかい」ってイメージがあるけど、意外とこの旭山動物園は他の動物園に比べて小さめ。
一日あれば、全部まわれてしまうくらい。

やけど。
何度きても飽きんし、いくらでも楽しめる☆
そんくらい、旭山動物園って面白い。

今度は冬にも行ってみたい。
冬だとペンギンのお散歩ってのがあって、ペンギンが動物園中をぺたぺたと歩きまわってるイベントがあるんです。
それが見たい。

はい。
ボケーッと動物園見てまわったら、いつの間にか日が暮れて。
そのまま忙しで宿へ。

結局、この日は旭山動物園だけで終わってしまいましたww

PS:走行距離32km。
写真一枚目はシロクマさん。
二枚目はライオンさん。
三枚目はチンパンジー。
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-26 23:01 | チャリ旅行のお話(帰省篇)
e0063981_23262747.jpg

e0063981_23262726.jpg

e0063981_23262777.jpg

なんちゃって北海道一周旅行十日目。

ついにこの旅の日数も二桁に到達。
どんだけ北海道まわってんねんっていうww
もうなんかチャリこぐのが日課になってるからなぁ(笑)

さてさて。
今日は、ついに利尻山登頂の日。
朝3時に起きて準備。
ホントは、4時に出発するつもりだったんですが、宿のおっちゃんに捕ま…じゃなくてコーヒー出してもらい。
結局なんだかんだで5時スタート。

この利尻山。
実は登山口が海岸にあって。
要は海抜0mからのスタート。
山の標高がそのまま登った高さになるっていう非常に珍しい山。
出発時に海水に手をつけてからスタート。
3合目まではチャリ。
かなりキツイ坂をジグザグに走行し、山道まで。
ほんで、山入ってすぐのところに甘露泉っていう湧水があって。
そこで水分補給。
宿のおっちゃんに、
「夏やったら最低4L、今の時期でも最低3Lは水必要だから」
って言われ。
一人一つずつ2Lのペットボトル渡され、更に1Lのペットボトルも持って行って。
水汲んで。
ぴょん吉のリュックが大きかったもんだから二人分(5L)持つことに。さらにさらに。
これまたおっちゃんにもらった特大のおにぎり4つも持って。
ただひとり、6~7kgの荷物を持って登山開始…
ありえんww
なんで、キャンプも何もせぇへんのにこんな荷物持たなきゃならんのか分からんっちゅう(笑)

アホww

まぁ、そんなこんなで山登って。
無事に何事もなく山頂まで行けました。
久しぶりに登山したんで、すっごく楽しかったです。
やっぱ山登りいいわヽ(´ー`)ノ
ちょっとキャンプ用品一式揃えて、どっか行こうかと本気で思った。

山頂も快晴で、ホント景色が素敵。
360度水平線が広がってて、樺太半島もキレイに見えてました。
地球って丸いんだなぁって改めて実感。

結局、水は1Lも減らずに終わり、ほとんどネタでしかない結果に終わりました。

登頂時間、10時間半。

超ハードスケジュールだった道北の旅もこれにて終了。

夕方、稚内に帰るフェリーに乗り、今、夜行列車で旭川に向かってる最中です。

いよいよ、なんちゃって北海道一周旅行最終章。
お馴染みの旭川、美瑛、富良野を巡って、札幌に帰る道央の旅。
頑張ります!!

PS:本日の走行距離12km。
写真一枚目は利尻山山頂からの風景。
二枚目はフェリーから撮った、利尻島と利尻山。
三枚目は樺太に沈む夕陽です。
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-24 23:26 | チャリ旅行のお話(帰省篇)
e0063981_1723127.jpg

e0063981_17231276.jpg

e0063981_17231269.jpg

なんちゃって北海道一周旅行九日目。

昨日寝るの早かったんで、昨日の分、今書いてます。

早いもので。
もう、この旅も九日目に突入してるっていう。
すごいわww

今日は、朝、宿を出発して目指すは日本の最北端、宗谷岬。
昨日に引き続きひたすら向かい風と格闘しながら到着。

ヤバい!!

なんていうか、ものすごい達成感。
自分の力で最北端に来たんだって思うとホント感動しますわ。
あまりに嬉しくて、「日本最北端もの」を探しまわってましたわ。
日本最北端の小学校に始まり、日本最北端の郵便局、日本最北端の消火栓、日本最北端の信号機などなど。
とりあえず、宗谷岬の端っこに自分の自転車おいて、日本最北端の自転車として一瞬だけ君臨ww

そんなアホなことばっかしてたら、フェリーの時間に遅れそうになって。
必死に自転車こいで稚内(わっかない)へ。

ギリギリ3分前くらいにフェリーに駆け込み、なんとか一命をとりとめました(笑)
電車ですら駆け込み乗車したことないのにww

ほんで、稚内からフェリーで利尻島(りしりとう)へ。

北海道の北の果てには、2つの島があって。
一つが礼文島(れぶんとう)で、もう一つが利尻島。

今回は、利尻の方へ行き、島のど真ん中にそびえたつ、利尻山(1713m)にアタックしようと。
飯屋のおっちゃんとこに泊まらせてもらって、次の日の朝4時から登り始めることに。
ちょうど日没の時間帯だったので、近くの夕陽ヶ丘展望台に登って、夕焼けを堪能。
これまた風情があってめっちゃ素敵でした。

この日は次の日に備えて9時就寝。

PS:この日の走行距離75km。
写真一枚目は宗谷岬。
二枚目は日本最北端の自転車。
三枚目は夕陽ヶ丘展望台からの夕焼け。
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-24 17:23 | チャリ旅行のお話(帰省篇)
e0063981_2236994.jpg

e0063981_2236929.jpg

e0063981_2236975.jpg

なんちゃって北海道一周旅行八日目。

道東→道北移動日2日目。
今日は、朝7時30分に紋別(もんべつ)を出発して、いざ猿払(さるふつ)へ。
ひたすら、こいでこいでこぎまくった一日でした(´・ω・`)

今日はようやく晴れ。
天気に恵まれ、意気揚々と出発!!
…と思いきや、めっちゃ向かい風。
風速9mの風が容赦なく吹いてくるっていう…
全然進まん。
午前中に90km行けたらいいなぁーとか思ってましたけど、全然。
昼過ぎて50kmも進んでないっていう…
いやー、ツラすぎるわ、あれww
久しぶりにリポビタン8の力を借りてしまった(笑)

まぁ、そんなこんなで。
10km進むのがやっとって感じだったんで結構いろんなとこで休憩。
写真一枚目は、興部(おこっぺ)の道の駅にある、電車の車両。
どうみても電車なんですが、実はこれ廃線になった時にお役御免になった車両の中を改造して作った無料の宿なんです。
すごいですよ!!
ちゃんと、洗面所もあるし、机やイスなどもあって。布団も3人分置いてあります。
結構キレイな上、無料ってのがすごく魅力的。
今度旅する時はココ使いたいです☆

写真二枚目は、北緯45度線にある公園。
北緯45度…
ついにそんなとこまで来てしまいましたさ。
今日の気温も、最高17度。
宿着く頃には9度まで下がってました。
ホント死ぬほど寒いです。
冬です普通に。どう考えても。

写真三枚目が神威(カムイ)岬。
積丹(しゃこたん)半島の神威岬の方が有名ですが、実は道北の方にもあるんですね。

こんな感じで走り続け。

日が暮れて残り25km。
ここで、真っ直ぐで周りに何もない広い道があって。
満天の星空の元、3人で車の気配すらしない道を爆走。
ホント気持ちよかった。
ってか、星空がよかった☆
すごく元気になりましたよ。

はい。
そんなこんなんで、夜8時半すぎにようやく宿到着。
本日の走行距離152km。
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-22 22:36 | チャリ旅行のお話(帰省篇)
e0063981_2350376.jpg

なんちゃって北海道一周旅行七日目。

疲れた…

今日は、朝ライダーハウスを出発して、感動朝市ってところで海鮮丼をいただく。
エビ、イクラ、ホタテ、カニ等々入った豪華海鮮丼、なんと550円!!
めっちゃ安くて、めっちゃ美味しいっていう。

他のも安かったんで、敬老の日に何もできんかって、おばあちゃん家にカニを送っておきました(笑)
ほんで意気揚々と感動朝市を出発しようとした瞬間。

悲劇は起こった。

出発しようと自転車にまたがった瞬間に、荷台に付けた荷物があまりに重すぎて、自転車が傾いた拍子に一気に倒れ、当然、体重の軽すぎる僕は軽々自転車にもっていかれ。

転倒。
その拍子にハンドルの先っちょがみぞうちに刺さるっていう…
本気で死んだと思いました(笑)

息できないし、意識が朦朧としてくるし(泣)

あまりに派手だったのか朝市の人が全員出てきて、看病されww
赤っ恥をかきましたさf^_^;
いやー、ホントあれはヤバかった…
今日一日ずっと気持ち悪かったもん。

自転車旅行って本当生傷が絶えません。。。
死なないように気を付けます…


今日は、移動日一日目。
ひたすら自転車こいでました。
途中、能取湖のサンゴ草の群生を見たり、北海食堂でホタテバーガーとサケバーガー食べたりしたくらいで後はひたすらこぎ続け。

やっとこさ9時に紋別の宿に到着。

死ぬほどツラかった…
サロマ町過ぎてからずっと雨で。
しかも、日が暮れて、真っ暗…
オマケに風がビュービュー吹いて…
本気で泣きそうでした(´・ω・`)

PS:本日の走行距離130km。
写真はサンゴ草です☆
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-21 23:50 | チャリ旅行のお話(帰省篇)
e0063981_21281390.jpg

e0063981_21281319.jpg

e0063981_21281344.jpg

なんちゃって北海道一周旅行六日目。

今日は、朝一でクルーザーに乗って知床半島のルシャまで。
2年前に世界自然遺産になって。
めっちゃ観光客が多くなったみたい(笑)

久しぶりにこんなに大勢の人見たわ(笑)

はい。
ほんで、クルーザーでカムイワッカの滝見たり、ルシャでクマ見たりしました。
そうそう!!
去年の後期、なぜか第三外国語として「アイヌ語」取ってて。なんとか10語程度は覚えて。
久しぶりに知ってる単語に出会ったww

カムイ=神
ワッカ=水(水の塊)

って意味。つまり「神の水」ってなります。

このカムイワッカの滝、実は温泉で水の温度が高いんです。
なんで、冬になっても唯一この滝が流れ込むところだけ凍らないっていうところからこの名前が付いたみたいです。

へぇ~でしょ??(笑)


はい。

そんで、クルーザー終わってから、ウトロを出発。
途中、オシンコシンの滝見たり、鮭の遡上見たりして斜里へ。

ほんで、小清水の原生花園に寄ったりして網走に到着。

原生花園では、この時期ほとんど花が咲いてなくて…
なんか微妙な感じでした(笑)
ひたすら蚊に刺されただけっていうww

そして久しぶりの都会、網走。
いやー、ホント北海道田舎多すぎやろww
コンビニとか下手すると100km先までないっていう。
セコマ以外のコンビニとか5日ぶりに見たわ(笑)
レストランとかも全くないしねー。

ホントここ日本じゃないですわ(笑)


PS:本日の走行距離71km。
写真一枚目はカムイワッカの滝。
二枚目はオシンコシンの滝。
三枚目は小清水原生花園です☆
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-20 21:28 | チャリ旅行のお話(帰省篇)

e0063981_23112458.jpg

e0063981_23112455.jpg

e0063981_23112413.jpg

やっと追いついた…

なんちゃって北海道一周旅行五日目。

今日は、ひたすら脅かされてた知床峠越え。
かなり、気合い入れて朝からリポビタンD飲んで挑戦。
非常食も詰め込んで、準備万端の状態で挑戦!!

って意気込んでたのに。
結局、全然大したこともなく、楽々頂上に(笑)
標高740m。
途中、オスの鹿にも遭遇。

ほんで。
峠に着いて、キャーキャー騒いでたら、
「ちょっと写真撮らせてもらっていいですか??」
とおじさん。

なんとなんと。

そのおじさん、「サイクリング21」って雑誌のライターさん。
「ツールド北海道」を取材して、その帰りだそうで。
たまたま、僕らにあって、特集の一つとして載せたいのだとか。

はい。
雑誌デビューの可能性がww

確実に載るわけではないらしいのですが、10月15日発売の「サイクリング21」の特集「ツールド北海道」のページにもしかしたら、僕らが写真付きで載ってるかも。
よかったら確認してくださいな☆

ほんで、知床峠を登ったってことは、当然その後下るわけで。
10kmの下り。

当然、チャリダーとしては、ここらで人間の限界に挑戦したくなるわけで。
空気抵抗の大きなウィンドブレーカーは着ずに、アンダーツーピにTシャツって格好。

いざ、限界に挑戦、最高時速!!

とりあえず下り始めから若干キツめに漕ぎだし、スピードをつけ。
50~60kmの間を保ちながら、急で長い直線を待つ。

そして狙いをつけたらもうあとはナリフリ構わず必死に漕ぐ漕ぐ漕ぐ!!
前輪が浮こうが、後輪が振られようが、構わず必死に漕ぐ!!

下り坂なのに吐きそうになって、完走。

結果。

最高時速71km。

アホ。

法定速度を41kmもオーバーしてるっていう…
っつうか、高速かいなっていう速度。

アホ。

登りより、下りの方がツラかったもん…
ってか自転車空中分解するかと…

もう二度とやらないです…

そんなアホなことやったあと、今度はバスで知床五湖を巡り、岩尾別温泉行って。
チャリでウトロまで出てきて、夕陽台の湯に入って、今に至ると。

そういえば、クマに遭遇しました…
めっちゃでかかったです。
あれはマジで怖かった…
たまたまバスだったからよかったけど、自転車だったら死んでましたよ…
クマよけの鈴つけて走ってるとは言えこれからはかなり気を付けて走ろうと思います。

PS:本日の走行距離32km。
写真一枚目が知床峠。
二枚目が知床五湖。
三枚目が岩尾別温泉です。
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-19 23:11 | チャリ旅行のお話(帰省篇)
e0063981_2395682.jpg

e0063981_2395698.jpg

e0063981_239563.jpg

昨日の日記。

なんちゃって北海道一周チャリ旅行四日目。

四日目にして。
四日目にして、ついに晴れヽ(´ー`)ノ

わぁーい。

ってか、今までひたすら天気に恵まれずに終わってたんで。
めっちゃ嬉しい☆

この日は。
とりあえず、開陽台に再チャレンジ。
すごかったです。
ホント360度見渡せて、ひたすら続く地平線。(写真一枚目)
国後島もキレイに見えて。
こんなに近いんだなーって改めて実感。
ホントすごかったです。

その後、ひたすら真っ直ぐな道を突っ走り、野付半島へ。
ナラワラやらトドワラ見て感動。
ほんで、サーモンパークに行って、お昼。
って思ったんだけど。
残念ながら、10分差で店が閉まってて…
サーモン食えず(´・ω・`)

仕方ないんで、代わりに横の鮭の科学館を見学。
美味しそうな鮭がいっぱい(笑)
チャリ乗っててお腹空かした3人にはエサにしか見えないっていう(´・ω・`)

あっ、そうそう。
その科学館にガラ・ルファ(??)通称ドクターフィッシュがおって。
水槽に手つけてみましたさ。

この魚、皮膚の古い角質を食べてくれるっていう不思議な魚。
お肌がすべすべになるだけでなく、今、皮膚病の治療としても注目を浴びてるお魚。
結構気持ちよかったです(笑)
なんか吸い付かれてる感じで新しい感触でした。

サーモンパーク出てからは、ひたすら羅臼を目指し。
結局8時に目的の宿に到着…
ホントたどり着けてよかったです。

ほんでほんで。
この日はこれだけでは終わらない!!

宿の近くにある無料の温泉に行こうと外出てみたら。

満天の星空。

ホント。
もう言葉じゃ表現できないくらいすごい。

こんなに星ってあったんだって思った。
これだけ流れ星って多いんだって思った。

とにかく、すごい。

周りに全くあかりがなくて、天の川まではっきり見れるくらいの星空。
これは本当に感動しますよ。


PS:走行距離122km。
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-19 23:09 | チャリ旅行のお話(帰省篇)
e0063981_23354847.jpg

e0063981_23355053.jpg

e0063981_23355125.jpg

すみません。
昨日は、あまりに疲れて日記書けなかったんで。
昨日の日記。

昨日は、川湯温泉を出たあと、野上峠を越え、神の子池へ行ったあと、清里峠を越え、裏摩周まで行き、からまつの湯を探してさ迷い、開陽台へ。

距離は90kmなんですが、相当キツかった…

とにかくアップダウンの繰り返し…
死ぬっちゅうねん(´Д`)

だけど峠って、めっちゃ達成感ありますね!!
峠の看板を見た瞬間のあの喜び!
車やバイクじゃ絶対味わえない感動があったり(笑)
チャリダーが峠道にハマる感覚が分かりましたww

ほんで、この日一番の景色は神の子池。
霧で有名な摩周湖の水がこの神の子池から沸きだしてます。

一日1200t!!(だったっけ…?笑とにかくめっちゃくちゃな量)
なんで、水がすごくキレイなんです。
日本で一番水がキレイな池の一つなんだとか。
二枚目の写真がそうなんですが、池の底が青いんです。
ホントここ、素敵ですよ!!

ほんで、裏摩周へ。
おそらくこの旅で、一番二番を争うくらいキツイ坂。。。
正直、めっちゃ萎えながら必死になって登りました。
あいにく、というかやはりというか、霧が掛かってて全体は見れませんでしたがそれでもすごくキレイでしたよー。

からまつの湯はひたすら迷ったすえにようやく見つけた無料の温泉で。
川のすぐ横にある不思議な温泉。
地元のおじさんたちは、温泉に入ったあとそのまま川に飛び込んであがるのが習慣みたいでww
なんだか不思議な光景でした(笑)
そして開陽台。
途中、でかでかと牛と書かれた山があったりな、不思議な道を通り過ぎ、日本で一番夜空がキレイと言われる開陽台に!!


ところが!!


天気予報では晴れだったんですが、結局、晴れることもなく空一面の雲…

残念!!

周りに全く何もなく360度見渡せ、200度地平線が続く開陽台。
遮るものが全くなく、灯りも全くないためホントに星空がキレイなんだとか。

めっちゃ悔しい!!

また、もう一回開陽台来てやりますわ!!

PS:本日の走行距離90km。
写真は、一枚目が野上峠、二枚目が神の子、三枚目が摩周湖です。
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-18 23:35 | チャリ旅行のお話(帰省篇)
e0063981_06441.jpg

e0063981_064434.jpg

e0063981_064429.jpg

今日は、昨日泊まった宿の人に教わってダッキに挑戦。
ダッキって、一人乗りのカヌーのゴムボートバージョンみたいなやつで。
屈斜路湖で練習したあと、そのまま釧路川を7kmほど下りました。

ってかね。
マジで怖かったww

最初、わけも分からないまま湖に放り出され。

わけも分からないまま、もがきながら練習して。

わけも分からないまま、川下りスタート…

もちろん死亡。
スタート直後に、いきなり橋があり、柱にぶつかって。
その後、川にせりだした木にもろにぶつかって。
もう、スタートして1分でボロボロ…
本気で死ぬかと思いました。

めっちゃキレイな景色だったんだけど、そんなものなんて目にも入らず。
ひたすら、テンパるww

ダッキの中には、ぶつかって折れた木の枝やら、葉っぱやら、虫やら、わんさか。
しまいに肩にカタツムリまで乗っかる始末。

30分くらいして、やっと慣れてきたころにはほぼ戦意喪失ww

それでも、コツさえ掴めば意外と簡単で、しかもめっちゃ楽しいっていう。
最後の方はなんとか景色楽しみながら漕げるまでには成長しておりました(笑)

ほんで、ダッキで冷えた身体を温めるべく、近くのコタン温泉へ。
この温泉、タダなんです!!
屈斜路湖に面したところに忽然と現れる、露天風呂。
周りからまる見え。一応、男湯と女湯が分かれるようにも見えるけど、あんま意味なし。
なんというか。
湖のある公園に突然穴のあいた場所があって、そこが露天風呂みたいなww

道東にはこういう温泉いっぱいあるんですけど、なんか軽くカルチャーショック受けますよ、これww

その後、硫黄山行って、川湯温泉へ。
今日は川下りメインだったので、あまり走らず40km。
ちなみに昨日は92kmでした。

PS:今日の宿は800円。これぞ北海道。

明日はようやく晴れ。
楽しみだー☆

写真は一枚目がコタン温泉。
二枚目が屈斜路湖。
三枚目が硫黄山。…の横の山です(笑)
[PR]
# by i_am_pyonkichi | 2007-09-17 00:06 | チャリ旅行のお話(帰省篇)